光回線の契約には落とし穴に注意しましょう

まず、お住まいがマンションか一戸建てかによって変わります。

マンションでしたら、auひかりとフレッツ光の設備がマンションに導入されているかどうか管理会社に確認してください。

 

せっかく決めても設備が導入されていなければ申し込めません。

 

選択にあたって、カタログ上の回線速度についてはあまり気にする必要はありません。

100Mbps以上の回線速度があれば、日常的な利用で気になるような差はないからです。

 

ただし、プロバイダが混雑して週末の夜などに動画の視聴が止まるようなことはありえます。

 

そこでプロバイダを簡単に乗り換えられるかどうかが1つのポイントになります。

フレッツ光の場合は、契約時のキャンペーンによる2年程度の加入期間の縛りが終われば簡単に乗り換えできます。

 

auひかりでは最初の契約の際にプロバイダを選択できますが、後から回線をそのままにしてプロバイダだけ変更することはできません。

これは意外と知られていない落とし穴です。

 

縛り期間中の回線解約によるペナルティも、設備撤去料がかかるなどauひかりの方が重くなります。

 

料金面では、シンプルに比較すると月額料金ではauひかりの方が若干安くなりますが、契約時のキャッシュバックキャンペーンと2年以上の長期契約割引を加味すると、多くの場合フレッツ光の方が逆に安くなります。

 

ただし、auのスマホを家族でご利用の場合は、スマホの料金が最大2年間1台当たり1,410円割引になりますので、auひかりの方が大幅にお得となります。

 

最後に、どちらを選ぶにしても、ネットで下調べをした上でキャンペーンの情報の明確なところに申し込んだ方がよいでしょう。

悪徳業者が不明朗な説明をすることが多い訪問販売に応じるのは避けた方が無難です。

関連記事

  1. 光回線で高速インターネットするならどこが使いやすい?

    ISDNやADSLというのは完全に過去の話になり今や光ブロードバンド回線当たり前、という時代。 でもやっぱりど […]

  2. auひかりとフレッツ光を3つのポイントで比較

    ●auひかりとフレッツ光を3つのポイントで比較   近年はインターネットにおいて光回線を利用すること […]

  3. 光回線サービスを選ぶ際の注意ポイント3つ

    光回線サービスを選択する際に注意しなければならない点がいくつかあります。 KDDIが提供するauひかりとNTT […]

  4. auひかりとフレッツ光を比較!

    ●auひかりとフレッツ光はどっちがお得?   インターネットが普及し何をするにも回線速度が重要なポイ […]